the fascinations official websitescheduleprofilediscosnapcontact


profile the fascinations

渡辺雅美(vib)、三浦邦彦(ds)、則岡徹(p)、塩川俊彦(g)、西川輝正(b)から成る新世代ジャズ・バンド。
フランスが産んだ吟遊詩人ピエール・バルーが参加した2ndアルバム『the fascinations』(04年)が国内クラブジャズ・シーンで大いなる賛辞を受け、同アルバム収録曲が小林径氏、須永辰緒氏のMIX CDに収録されたことでも話題をさらった。また、アナログでシングルカットされた「fascinated groove」は驚異的なセールスを記録した。
06年 3rdアルバム『color code』をリリース。07年2月にはヴィレッジヴァンガード限定ミニ・アルバムをリリース。
また、ピエール・バルー9年ぶりのオリジナル・アルバム『Daltonien』(仏Saravah)への参加や、伊レーベルCool D:Visionのコンピレーション『Paris』、国内の人気コンピ『Colours of Groove V』、さらには小林径氏監修の『Routine Jazz Presents "Nouvelle Vague"』への参加などなど、国内外で更なる熱い注目が集まっている!!


渡辺雅美 vibraphone
東京都出身。マリンバ、ヴィブラフォンの日本における第一人者である渡辺義章の長男として生を受ける。幼少よりクラシックを学び、武蔵野音楽学院にてジャズ・ヴァイブ、作曲法、和声学、ジャズ理論、アドリブ理論を大井貴司氏、浜田均氏に師事。00年、ポリスター・レコード1970スタジオでレコーディング・セッションを開始。02年、ファシネイションズとしてデビュー・アルバム『Soulful Strut』(polystar)を発表。03年、ハピネス・レコーズ『Tokyo Bossa Nova』に参加。04年、2ndアルバム『the fascinations』をリリース。ブルーノート65周年コンピに小林径氏のアシスタント・プロデューサーとして参加。須永辰緒氏のMIX CD『WORLD STANDARD 04』に「fascinated groove」が収録される。05年 小林径氏のMIX CD『routin jazz vol.6』に「fascinated blues」が収録。06年、3rdアルバム『color code』をリリース。07年 ヴィレッジヴァンガード限定ミニアルバム『my funny vibraphone』をリリース。3rd収録の「Lovin' You」が人気コンピ『Colours of Groove V』と、HMV特典CD『PLAYLIST 8』に収録される。現在日本におけるヴィブラフォン奏者としての地位を確立しつつある。 

三浦邦彦 drums
東京都出身。名ドラマー・呉在秀(故人)に師事。福田重雄(pf)トリオでプロデビュー。古野光昭(b)、ウェイ・ウェイ・ウー(二胡)、森下滋(pf)、酒井俊(vo)、佐藤帆(sax)、朝丘雪路ほか、錚々たるメンバーと共演。2001年、日本ネパール文化交流使節として金井英人(b)バンド・ネパール公演参加。2003年、六本木ヒルズのグランドオープン時には、グランドハイアット東京「MADURO(マデュロ)」にてクロウデット・シエラ(vo)らと共演。2003年、11月日本を代表するサックスプレイヤー渡辺貞夫と共演。その演奏はTOKYO FM渡辺貞夫ナイトリーユアーズで全国放送。高評を受け、2005年再共演。2006年、クロウデット・シエラ・ジャパンツアー2006・ジャズ&ラテンミュージックスーパーセッション参加。現在では自身の活動のほか、2006年よりザ・ファシネイションズに参加。ジャンルを超えたその活動は国内外で注目を集める。



則岡徹 piano
6歳からクラシックピアノを始める。米国バークリー音楽院でジャズピアノの演奏と作曲を学ぶ。レイ・サンティシ、エド・べドナー氏らに師事する。在学中のバンド活動では、アメリカ国内はのみならず、フランスへも遠征。MAGNA CUMLAUDE (優秀賞)を得て卒業し、帰国後は自身のピアノトリオの他、様々な編成での音楽活動を続けている。Arrested Development のリーダーである Speech や、リッチー・コール(As)、ビル・ワトラス(Tb)とも共演。その力強く、時に繊細なタッチからは、寡黙な人物像とは裏腹に多くの言葉が聞こえて来る。ファシネイションズには2006年より参加。


塩川俊彦 guitar
14歳でギターを始める。ロック、ブルース等に傾倒しつつ、14歳の頃、ウエス・モンゴメリーを聴き、ジャズに目覚める。長野市で角田忠雄氏にジャズギターを約1年半師事。その後、20歳で上京。ストリートでのセッションを重ねて多くの若手ミュージシャンと知り合い、強く影響されながら現場でジャズを学んでいく。1999、2000年の阿佐ヶ谷ジャズストリートに自己のセッションで参加。同じ頃、初期のTOKU(vo,flh)グループに参加。現在はジャズギタリストとしてファシネイションズのほか、アコースティック・ジャズ・ポップス・バンド「黒船レディと銀星楽団」に参加し、自己のリーダーセッション、その他多くのジャズのセッションで関東地方のライブハウスを中心に活動しながら、自己の音楽世界の探求を続けている。



西川輝正 bass


contents and links

highcontrast recordings

polystar

routine records

office30mile

mixi (the fascinations)



mail magazine

空メールを送るだけで、the
fascinationsメルマガクラブに
無料でご登録できます。メル
マガは、個人情報不要で、携
帯電話、PCどちらでもご登録
できます。


【特典】
@the fascinations関連の出
演情報、リリース情報など配
信。

A未公開音源のプレゼント、
イベントチケットの先行予約や
割引情報など、特別企画を計
画中。

空メール送信後、登録に関す
る情報や解除方法が返信さ
れます。

携帯電話で72時間以内に情
報が返信されない場合は、
the-fascinatins.netのドメイン
受信指定をご確認いただき、
空メールを再送信してくださ
い。



ザ・ファシネイションズの出
演・取材等ご依頼やお問合せ
は、有限会社オフィスサーティ
ーマイルにて承っております。

(c) 2005 - 2009 the fascinations. (c) 2005 - 2009 highcontrast recordings. (c) 2005 - 2009 office30mile. all rights reserved.